2020年02月08日のつぶやき

11:22
地域創生とは「好き、楽しい、おもしろい」の事業構想と実践。3月に「地域創生の本質」を出版! 〇ひと育て・まち育て実践講座 前編 setagaya-ecollege.com/course/course-… youtube.com/watch?v=bQVpSo… 中編… twitter.com/i/web/status/1…

2020年02月06日のつぶやき

23:04
我が家にきて、1年6か月。実に早いものです。 https://t.co/4bNLidOO1u

2020年01月31日のつぶやき

07:59
自治体が、実は全体最適なストーリー(物語)を描き、推進していないと、その地域では、地域活動や商いが段々厳しいことになるもの。意外にも、何ら関係がないと市民も法人も考えて、全く見落としがちです。その視点で全国各地の自治体を見てみましょう。

2020年01月25日のつぶやき

15:28
自分自身の現在地を充分に確認し、目的・目標・使命を設定しましょう!

2019年12月30日のつぶやき

14:28
2021年3月には、高校生・大学生・大学院生・社会人を対象とする、(仮称)「(新)大学・大学院の選び方(必携)」を出版予定。2020年度も、地域課題解決のため、事業構想とその実践をし、ともに、後世に生きる「ひと」「こと」「もの」を創発したいもの。
14:23
「あなたはどの分野の何をどこまで明らかにし、どこからを次世代へ引き継ぐのですか?」。日々、論文や書籍等を創発し一歩ずつ明らかにしたいもの。来年3月(仮称)「地域創生の本質」、4月から地域創生「五感六育®」映画、親子で地域を考える「… https://t.co/MRIvsejZ2X

2019年12月21日のつぶやき

06:30
何時もタイミング、スピード、パワー、バランス、そして、ひとネットワークが重要!
06:23
☆「地域創生song―できるに変えよう!」☆ https://t.co/PHUd26ZOJO

2019年12月20日のつぶやき

08:53
12月18日、東京農業大学総合研究所主催「成果報告会」を丸ビルにて開催。私は第一部座長で関心の高さを実感。栄養強化米の高付加価値化、バイオプラスチックの用途開発、抗肥満作用を有する高機能性ブロッコリー品種の選別、酒造好適米の研究、… https://t.co/8srJguTbsq

2019年12月18日のつぶやき

05:32
「東京農業大学総合研究所成果報告会」は、12月18日(水)13時〜スタート、参加無料・事前予約制、丸ビルホール&コンファレンススクエアにて(東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7F) <Web申込み> https://t.co/n96qzWNXak

2019年12月16日のつぶやき

09:15
「地域創生実践セミナー」日時:2020年1月10日(金) 15時30分〜17時(17時15分〜意見交換)、会場:東京農業大学・世田谷代田キャンパス(世田谷代田駅徒歩3分)、テーマ:地域創生 自販機による地場産品等創発事業、主催:日… https://t.co/curvRu5csw

2019年11月27日のつぶやき

06:16
ここ10年間で1000ヵ所超の地域創生の現地アドバイスと講演活動を終え。よく見えた、成功のまち、大失敗のまち。失敗を始めようとするまち。まちのあるべき姿、成すべきことは何か。まちの大切な「ひと・こと・もの」を育む、事業構想と実践。… https://t.co/fXpCV4ybG0
05:10
地域創生に熱いメンバーとの月1回の意見交換会。全員の実践行動の発言による全員での対話。特にアイデアとアイデアを組み合わせた国内外展開の地域創生提言。楽しみなところ。
05:07
実践行動のkeywordは「好き、楽しい、面白い」。世界の流れは「安心・安全、もったいない(利活用)、シェア(共同・分かち合い)」。


Facebookを始めました


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

過去の投稿

メディア掲載

『We Believe 2010年10月号』 公益社団法人日本青年会議所の相澤弥一郎会頭と私が対談しています。テーマは「成功するまちづくり」、掲載は4〜9頁です。「できない」を「できる!」に変えよう。既存企業を結びつけ地域経済の底上げ。

                 
自分たちの力でできる「まちおこし」
自分たちの力でできる「まちおこし」 (JUGEMレビュー »)
木村 俊昭
まちおこしの5つのポイントを全国事例を交えて具体的に解説。ベストセラー『デフレの正体』の藻谷浩介さん推薦!「デフレだとぼやいているヒマがあったら本書を読もう。誰よりも地域を知る著者が現場から示す、人口減少・ニッポンの生き残り策!」
     
「できない」を「できる!」に変える
「できない」を「できる!」に変える (JUGEMレビュー »)
木村俊昭
小樽市の地方公務員時代から、内閣官房・内閣府に出向、農林水産省の企画官として働くまでの私の軌跡をまとめています。地域活性化とはそこで暮らし、働く人たちのモチベーションを高めていくこと。実際のエピソードを元に、ノウハウをわかりやすく書きました。
     
プロフェッショナル 仕事の流儀 第VI期 公務員 木村俊昭の仕事 “ばかもの”が、うねりを起こす [DVD]
プロフェッショナル 仕事の流儀 第VI期 公務員 木村俊昭の仕事 “ばかもの”が、うねりを起こす [DVD] (JUGEMレビュー »)

私が出演した2009年5月19日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)の番組映像47分と未公開映像15分が収録されています。
     
達人たちの仕事術
達人たちの仕事術 (JUGEMレビュー »)

20人の達人・スペシャリストが教えるグローバル時代の情報活用術。私の記事は54〜57頁に掲載。情報を生かすとは組み合わせによって新しい価値を作ること。ネットワークが構築されると実行力が高まる。
     
自治体経営学入門
自治体経営学入門 (JUGEMレビュー »)
片木 淳,藤井 浩司
自治体経営改革の取組みや政策対応の現状と課題を検証し、21世紀日本の地方自治と自治体経営の展望を探る。私は第7章「地域活性化」を執筆、182〜202頁に掲載しました。
     
地域づくり新戦略―自治体格差時代を生き抜く
地域づくり新戦略―自治体格差時代を生き抜く (JUGEMレビュー »)

片木淳、森治郎、藤井浩司の編者による地域活性化の単行本です。私は「第7章 人的ネットワークによる地域再生(北海道小樽市における手工業職人の連携構築の事例を交えて)」を執筆しました。
     
地域ブランドと産業振興―自慢の銘柄づくりで飛躍した9つの市町村
地域ブランドと産業振興―自慢の銘柄づくりで飛躍した9つの市町村 (JUGEMレビュー »)

関満博、及川孝信の編者による地域活性化の単行本です。私は「第1章(小樽モノづくり職人活動による地域振興策)」を執筆しました。
           

自己紹介

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode