2019年02月17日のつぶやき

08:48
常に心掛けたいのは、「あなたはどの分野の何をどこまで明らかにし、どこからを次世代に引き継ぐのか?」。 自分にとって、好き、楽しいことは何なのか、そのことで、どれだけのひとに「笑顔、感動と感謝」の機会を創発できるのか。 いつ果てるか分からない一度の人生、そのように歩みたいもの。

2019年02月11日のつぶやき

06:44
新年がスタートし、既に2月中旬。実に早いもの。常に、自ら変化する、最善を尽くす、創造・創発する努力、待つのではなく、自ら挑戦する環境を構築しよう!
06:43
自分は何ができるのか、熱い使命感を持ち、「地域創生」に取組むとき、自分の枠を大きく超えたチカラを創発できるもの。 自問自答は、「自分はどの分野の何をどこまで明らかにし、どこからを次世代に託すのか?」。

2019年02月04日のつぶやき

06:51
自らの「知り気づき」や「なぜ?」「どうして?」をそのままにせず、本日から実践行動に移しても、けっして遅くはない!

2019年02月03日のつぶやき

16:39
常に本音で話せるひとがほしいもの。一度の人生、偶然に出逢うではなく、必然で探しに行こう。それほど残された時間はないもの。

2019年01月29日のつぶやき

20:05
自分自身が輝くためには、約束は必ず守ること。自分との約束、ひととの約束。特に時間厳守。常に心掛けたいもの。

2019年01月17日のつぶやき

05:46
阪神・淡路大震災 24年が経つ 5時46分 私たちはけっして忘れてはいけない
05:42
「北川原温退任展 太陽と月と地球と人がつくる円錐形の闇」ご来場、ご覧ください。2019年1月8日(火)〜1月20日(日)午前10時〜午後5時※ 1月17日(木)は午後7時閉館 休館日 1月15日(火) 会場 東京藝術大学大… https://t.co/3zrskdDyLN

2019年01月08日のつぶやき

09:29
本年は、地域人財養成と定着を重点に、「五感六育」事業(地場産業振興)、「物語(ストーリー)戦略」による地域ブランド化と海外発信、「ゼロジョブ思考」(ゼロから雇用創造)の実現化を目指します。

2019年01月05日のつぶやき

07:26
世界環境、地域社会、仕事、SDGs。自分たちの周りに起きている「変化」を受け入れ、果敢に挑戦し、成長の年にしよう。

2019年01月03日のつぶやき

20:28
「地域創生フォーラムin東京(防災・減災)」 1月27日(日)14時30分〜16時30分まで、日本地域創生学会主催「地域創生フォーラムin東京(防災・減災)」を開催。会場は泉岳寺駅A2出口徒歩1分の「グレイスビル泉岳寺前2階会議室… https://t.co/PNhkbSAg75

2019年01月02日のつぶやき

06:55
時間を大切に、?実学・現場重視の視点、?全体最適思考、?市民参画(民でできることは民で!)を実践、親子で読む地域創生絵本、地域で汗する皆さんと創るドキュメンタリー映画、環境保全の大切さを唄う作曲・作詞、「五感六育」や事業承継の論文… https://t.co/e4mYtJtu32
06:48
皆さんとともに新年を迎えましたことを心から感謝いたします。我が家に新たな家族が増えました(ネクタイ姿の犬くん6ヶ月)。1984年に仕事に就き2019年で35周年。皆さんのご協力により、ここまできました。信頼感ある真のパートナー・ブ… https://t.co/PcsotWLm2Y
06:42
独自作成の地域創生アニメ(5分)に登場するキャラクター。地域の皆さんとともに、「五感六育(木村造語・商標)」による笑顔、感動と感謝のまち、元気・やる気・本気・勇気・根気を創発します。☆希望があれば携帯ストラップを作成予定です(笑)。 https://t.co/FABqNfjYyf


Facebookを始めました


カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

過去の投稿

メディア掲載

『We Believe 2010年10月号』 公益社団法人日本青年会議所の相澤弥一郎会頭と私が対談しています。テーマは「成功するまちづくり」、掲載は4〜9頁です。「できない」を「できる!」に変えよう。既存企業を結びつけ地域経済の底上げ。

                 
自分たちの力でできる「まちおこし」
自分たちの力でできる「まちおこし」 (JUGEMレビュー »)
木村 俊昭
まちおこしの5つのポイントを全国事例を交えて具体的に解説。ベストセラー『デフレの正体』の藻谷浩介さん推薦!「デフレだとぼやいているヒマがあったら本書を読もう。誰よりも地域を知る著者が現場から示す、人口減少・ニッポンの生き残り策!」
     
「できない」を「できる!」に変える
「できない」を「できる!」に変える (JUGEMレビュー »)
木村俊昭
小樽市の地方公務員時代から、内閣官房・内閣府に出向、農林水産省の企画官として働くまでの私の軌跡をまとめています。地域活性化とはそこで暮らし、働く人たちのモチベーションを高めていくこと。実際のエピソードを元に、ノウハウをわかりやすく書きました。
     
プロフェッショナル 仕事の流儀 第VI期 公務員 木村俊昭の仕事 “ばかもの”が、うねりを起こす [DVD]
プロフェッショナル 仕事の流儀 第VI期 公務員 木村俊昭の仕事 “ばかもの”が、うねりを起こす [DVD] (JUGEMレビュー »)

私が出演した2009年5月19日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)の番組映像47分と未公開映像15分が収録されています。
     
達人たちの仕事術
達人たちの仕事術 (JUGEMレビュー »)

20人の達人・スペシャリストが教えるグローバル時代の情報活用術。私の記事は54〜57頁に掲載。情報を生かすとは組み合わせによって新しい価値を作ること。ネットワークが構築されると実行力が高まる。
     
自治体経営学入門
自治体経営学入門 (JUGEMレビュー »)
片木 淳,藤井 浩司
自治体経営改革の取組みや政策対応の現状と課題を検証し、21世紀日本の地方自治と自治体経営の展望を探る。私は第7章「地域活性化」を執筆、182〜202頁に掲載しました。
     
地域づくり新戦略―自治体格差時代を生き抜く
地域づくり新戦略―自治体格差時代を生き抜く (JUGEMレビュー »)

片木淳、森治郎、藤井浩司の編者による地域活性化の単行本です。私は「第7章 人的ネットワークによる地域再生(北海道小樽市における手工業職人の連携構築の事例を交えて)」を執筆しました。
     
地域ブランドと産業振興―自慢の銘柄づくりで飛躍した9つの市町村
地域ブランドと産業振興―自慢の銘柄づくりで飛躍した9つの市町村 (JUGEMレビュー »)

関満博、及川孝信の編者による地域活性化の単行本です。私は「第1章(小樽モノづくり職人活動による地域振興策)」を執筆しました。
           

自己紹介

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode