2016年12月26日のつぶやき

18:17
ー木村俊昭語録ー経験則は大切だ、固定観念を過信しないこと。「本質」は何なのか、「Why so?」「 So what?」「根拠」をよく考え、「当事者意識」を持ち「勘どころ」を学ぶこと。「本質」を見極めるに「本物」と出逢い、「師匠、真のパートナー・ブレーン」ネットワーク構築が重要!
18:13
「新たな学術学会(日本地域創生学会)」新年の第1回打合せ会議は、2017年1月22日(日)17時30分〜 新宿トラノコにて開催。ご参加・ご周知ください!https://t.co/JM5q1DoyKH ※参加の有無は、私宛メッセージへ。https://t.co/96SVeCtvbu

2016年12月25日のつぶやき

10:15
投票率の高いまちは何が違う?ー木村俊昭語録ーなぜか思うほど投票率が上がらない。リーダー(首長)議員の資質が上がれば、明らかに笑顔・感動と感謝が増える。期限(目安)は3年間。それは、多くの声を大切にし、広聴・聴傾・対話が増え、定住者を大切にするため。徐々に投票は重要と認識が広がる!
01:16
ー木村俊昭語録ー何事も、実学・現場重視の視点、観察力、洞察力を持ち、広聴・傾聴・対話を常とし、スピード感、バランス感、特に信頼感あるパートナー人財との本業(work・lifework)は、笑顔・感動と感謝の輪が広がるもの。一度の人生、偶然ではなく、必然で「本物」人財と歩もう!

2016年12月24日のつぶやき

17:55
「映画ロケ&ロケ地まちひと育てプロジェクト」参加希望の自治体プレゼンテーション審査会 ☆次回は、1月15日(日)10時30分〜受付、11時〜審査会スタート。会場は「築地ミカサビル」9階会議室 (築地駅4番出口) 。当日、会場でお逢いしましょう!笑顔、感動と感謝のまちひと育てを!
17:49
ー木村俊昭語録ー多くのイベントを企画実践しても元気にはならない。行政は全体最適思考で情報共有、役割分担、出番創出し、事業構想し、実現すること。祭り・展示会など、イベントの実践集団ではない。活力あるまちは、イベントに職員の時間を使い、エネルギーを浪費するようなことはしていない。
17:46
ー木村俊昭語録ー苦境に立つと、他人のこと、何かを理由に諦めようとする。できない理由を考える。一度の人生、実にもったいない!急ぐな焦るな慌てるな驕るな近道するな、けっして諦めるな。できる化・見える化・しくみ化し、真のパートナー・ブレーンとともに「できない」を「できる!」に変えよう!

2016年12月22日のつぶやき

16:46
「映画ロケ&ロケ地まち・ひと育てプロジェクト」プレゼンテーション審査会は、12月23日(金)18時10分〜プレゼン審査、 1自治体プレゼン10分、質疑5分。現時点、8自治体希望中、4自治体が順次プレゼン。会場はグレイスビル泉岳寺前2階。 報道関係者の取材あり。当日、参列は自由。

2016年12月19日のつぶやき

08:11
あんしん財団2016年12月号(vol.534)おしえて先生!今月のテーマ 地方創生 木村俊昭 私が、次の質問にお答えしています。どうぞ、ご一読ください!☆なぜいま、地方創生が叫ばれているのですか?☆これまでの地域活性化とどのような点が異なるのですか?☆企業の役割は何ですか?

2016年12月17日のつぶやき

15:29
ー木村俊昭語録ー距離より、要する時間で遠近を測ることにしている。一度の人生、時は何より重要。講義、講演や現地アドバイスのため、国内外の移動に使用するのは、航空機、車、JR、船の順。台風、暴風雨であっても目的地に行けないことは一度もない。約束時間10分前に到着、10分前行動を厳守!
10:20
ー木村俊昭語録ー 常に不平不満、悲観、批判のひとがいる。どうして私にはチャンスや場が来ないのか?という。自己分析、自分年表から自分を見つめ、向き合い、対話してみる。原因は自分自身と知り気づく。ひとは自ら知り気づかないと行動しない。どれだけのひとを笑顔、幸せにできましたか。

2016年12月15日のつぶやき

10:28
まちの付加価値額の高い産業は何か? ー木村俊昭語録ー あなたの住むまちを支える基幹産業の付加価値額の順位はどうなっているのか?行政職員は知り気づき総合計画・総合戦略を策定、実践しているか。市民は知り気づき、まち育て・ひと育てや各種イベントを企画参加しているか。まずは基本の確認!
06:20
「ひと」も「もの」も物流! ー木村俊昭語録ー まちの活性化、地域創生には、わがまちをどのような物流拠点とするのか、どの交通手段で「ひと」「もの」を活発に交流させるのか、歴史観、世界観と先見性あるネットワーク構築がまちの要の基幹産業及び関連産業の進化に最も重要となる。

2016年12月14日のつぶやき

16:55
ひとを観る大切な観点、すべき質問とは何か? ー木村俊昭語録ーあなたの大切な師匠、真のパートナー、ブレーンはどなたですか?その方に最近、連絡を取った、逢ったのはいつですか?うれしいのは、みんな同じ。お互いの目配り・気配り・心配りを大切にしよう!
16:54
できない理由はいらない!ー木村俊昭語録ー 地域はまとまりっこない、どうせできっこない、そんな周りの声。できない理由はもういらない!できないを「できる!」に変える工夫。知り気づきを大切に、真のパートナー、ブレーンと歩もう。超プラス・全体最適思考で、笑顔・感動と感謝の輪を広げよう!
16:52
副知事、副市長、副町村長の最大のしごとは何か?ー木村俊昭語録ームリムダない全体調整と職員の適正配置、内外の信頼感ある人脈のネットワーク化、キーパーソンと人的ネットワーク図と基幹産業関連図を作成し、官民一体で期限(3+3+6+6)ヶ月×2回(3年間)で構想・実現化することである。
16:51
行政の大切なしごとは、まちの「全体最適化」!ー木村俊昭語録ー行政の大切なしごとは、部局ごとに民間団体とともに、部分個別最適化した商店街、工業団地、農業地域などを、まち全体の底上げになるよう、実学・現場重視の視点で基幹産業と関連付け「全体最適化」をすること。
16:41
教育とは education 一番大切なことは何か? ー木村俊昭語録ー師に出逢い、師の引き出し力次第で「人材」が「人財」になるのかが決まる。そのため偶然ではなく、必然として、引き出し力ある、よき師に出逢う場を自ら創出するかが大切である。一度の人生を大きく左右することになろう。

2016年12月13日のつぶやき

04:31
一度の人生だもの、 これからも「本物」と本業(仕事・lifework)をしよう! ー木村俊昭語録ー 偶然でははく、必然で「本物」に逢いに行き、よく見極め、「本物」と本業を推進しよう!
04:22
コミュニティスクールを推進中!会場でお逢いしましょう! 文部科学省主催 平成28年度社会教育主事専門講座 特別講義「地方創生と人財養成」 木村俊昭 12月16日(金) 14時〜国立オリンピック記念青少年総合センター https://t.co/5NxnL5H3g0
04:19
New Value Circus 2016 SAPPORO 12月19日(月) 14時45分〜 札幌プリンスホテル テーマ「地域創生 成功の方程式はあるのか?」東京農業大学教授 木村 俊昭 会場でお逢いしましょう! https://t.co/fPC4VVOahW
04:15
お待たせしました。初版が人気ですが、2刷、3刷出版をお知らせします! 2016年7月27日発刊、2刷、3刷を出版しましたので、全国の地元書店でご購入ください。 https://t.co/NWZpfSuNUP

2016年12月09日のつぶやき

10:50
群馬県庁主催:人口減少社会を迎えるなか、県民や企業・団体の皆さんとオール群馬の体制で未来創生に取り組む機運を醸成するため、「群馬の未来創生フォーラム」を開催します。12月10日(土)13時30分から群馬大学にて私が地域創生の基調講演。https://t.co/IZJA3YGwkE


Facebookを始めました


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

過去の投稿

メディア掲載

『We Believe 2010年10月号』 公益社団法人日本青年会議所の相澤弥一郎会頭と私が対談しています。テーマは「成功するまちづくり」、掲載は4〜9頁です。「できない」を「できる!」に変えよう。既存企業を結びつけ地域経済の底上げ。

                 
自分たちの力でできる「まちおこし」
自分たちの力でできる「まちおこし」 (JUGEMレビュー »)
木村 俊昭
まちおこしの5つのポイントを全国事例を交えて具体的に解説。ベストセラー『デフレの正体』の藻谷浩介さん推薦!「デフレだとぼやいているヒマがあったら本書を読もう。誰よりも地域を知る著者が現場から示す、人口減少・ニッポンの生き残り策!」
     
「できない」を「できる!」に変える
「できない」を「できる!」に変える (JUGEMレビュー »)
木村俊昭
小樽市の地方公務員時代から、内閣官房・内閣府に出向、農林水産省の企画官として働くまでの私の軌跡をまとめています。地域活性化とはそこで暮らし、働く人たちのモチベーションを高めていくこと。実際のエピソードを元に、ノウハウをわかりやすく書きました。
     
プロフェッショナル 仕事の流儀 第VI期 公務員 木村俊昭の仕事 “ばかもの”が、うねりを起こす [DVD]
プロフェッショナル 仕事の流儀 第VI期 公務員 木村俊昭の仕事 “ばかもの”が、うねりを起こす [DVD] (JUGEMレビュー »)

私が出演した2009年5月19日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)の番組映像47分と未公開映像15分が収録されています。
     
達人たちの仕事術
達人たちの仕事術 (JUGEMレビュー »)

20人の達人・スペシャリストが教えるグローバル時代の情報活用術。私の記事は54〜57頁に掲載。情報を生かすとは組み合わせによって新しい価値を作ること。ネットワークが構築されると実行力が高まる。
     
自治体経営学入門
自治体経営学入門 (JUGEMレビュー »)
片木 淳,藤井 浩司
自治体経営改革の取組みや政策対応の現状と課題を検証し、21世紀日本の地方自治と自治体経営の展望を探る。私は第7章「地域活性化」を執筆、182〜202頁に掲載しました。
     
地域づくり新戦略―自治体格差時代を生き抜く
地域づくり新戦略―自治体格差時代を生き抜く (JUGEMレビュー »)

片木淳、森治郎、藤井浩司の編者による地域活性化の単行本です。私は「第7章 人的ネットワークによる地域再生(北海道小樽市における手工業職人の連携構築の事例を交えて)」を執筆しました。
     
地域ブランドと産業振興―自慢の銘柄づくりで飛躍した9つの市町村
地域ブランドと産業振興―自慢の銘柄づくりで飛躍した9つの市町村 (JUGEMレビュー »)

関満博、及川孝信の編者による地域活性化の単行本です。私は「第1章(小樽モノづくり職人活動による地域振興策)」を執筆しました。
           

自己紹介

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode