純米吟醸酒「権座」

100213_0945~0001.jpg
権座・水郷を守り育てる会の皆さんが考案した純米吟醸酒「権座」のラベル。とても温かさを感じる。

滋賀県立男女共同参画センターで昼ご飯


昼ご飯は滋賀県立男女共同参画センター内、女性のチャレンジ事業のレストラン。和茶庵膳900円也。メニュー内容は…宮茶葉のおひたし近江八幡産ゆず大根6畊照幡産ほうれん草とえのきのゆず和えい┐咾箸のこのチリソース炒めヂ臙羯坤肇泪箸搬舁佞離汽薀性κ^羝小浜沖天然めだいのみそ漬け焼き琵琶湖沖ノ島のしじみの味噌汁日野のゆめおうみ。素朴な味わいでとても美味しかった。

滋賀県立男女共同参画センターで基調講演

100213_1151~0001.jpg
こだわり滋賀ネットワーク10周年記念シンポジウム会場(滋賀県立男女共同参画センター)。テーマは「農と食でシガを元気に!」。主催はこだわり滋賀ネットワーク。協賛は滋賀県、JA滋賀中央会。

権座は琵琶湖の東岸に位置する内湖

100213_0901~0002.jpg
権座では「滋賀渡船6号(山田錦の親系の酒米品種)」をつくり、創業文政3年の喜多酒造で酒にする。魚は、こい、ナマズ、にごろぶなが有名。権座・水郷を守り育てる会http://gonza.jp/

本日(13日)午前中は権座に船で渡る

100213_0914~0002.jpg
滋賀県近江八幡市白王町集落営農組合組合長(組合員20名、権座・水郷を守り育てる会会長)の東房男さん、西川進副組合長の案内で権座を視察。今もなお田船で通って田んぼを営んでいる地域。湖上の飛び地「権座」2.5ha。5月に田植え10月に収穫。地酒「権座」は年間1升瓶で2千本、3150円也。親子田植え体験や稲刈り体験。白王山リニューアル事業、里山整備事業、白王里山再生プロジェクト事業を推進中。地元野菜の北之庄菜の復活3a。丹波黒大豆の栽培6ha。昨年3月29日、権座サポーターのつどいを開催し200名が参加。3月28日11時に現地集合。テーマは「景観を守りみんなで楽しい農業に取り組もう!」

本日(13日)の琵琶湖

100213_0703~0001.jpg
ホテルピアザびわ湖の8階の部屋から見た朝の琵琶湖

本日(13日)は滋賀県立男女共同参画センターで基調講演

100213_0537~0002.jpg
本日(13日)9時から滋賀県近江八幡市の権座・水郷を守り育てる会の滋賀渡船6号復活の酒づくり、ゆりかご水田、権座プロジェクトを視察・意見交換。その後、こだわり滋賀ネットワーク10周年記念シンポジウム会場へ(滋賀県立男女共同参画センター)。テーマは「農と食でシガを元気に!」13時から基調講演、14時10分からパネルディスカッション。主催はこだわり滋賀ネットワーク。協賛は滋賀県、JA滋賀中央会。「生産者と消費者のきずな」をつくれるか楽しみです。

甲賀もち工房・米粉たいやきの店

100212_1502~0002.jpg
甲賀もち工房の米粉たいやき(米粉・もち粉)は、あん120円、ウインナー140円、朝食たいやき160円。食感はパリパリと香ばしく美味しくノンアレルギー食品。同工房は食料自給率1%アップ運動推進パートナー。近江米めん(キヌヒカリ使用の米粉めん)ほか、目標年商1億円。

朝食たいやき

100212_1527~0001.jpg
農業法人・甲賀もち工房は平成21年11月20日から米粉たいやきを発売!平成22年1月から朝食たいやきが登場!朝ご飯を食べずに登校する小学生に人気のメニュー。

JA近江富士「おうみんち」のバイキングコーナー!

100212_1349~0001.jpg
JA近江富士ファーマーズ・マーケット「おうみんち」バイキングコーナーの女性リーダーとの写真。新鮮な地元野菜、とても美味しかったです。


Facebookを始めました


カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

過去の投稿

メディア掲載

『We Believe 2010年10月号』 公益社団法人日本青年会議所の相澤弥一郎会頭と私が対談しています。テーマは「成功するまちづくり」、掲載は4〜9頁です。「できない」を「できる!」に変えよう。既存企業を結びつけ地域経済の底上げ。

                 
自分たちの力でできる「まちおこし」
自分たちの力でできる「まちおこし」 (JUGEMレビュー »)
木村 俊昭
まちおこしの5つのポイントを全国事例を交えて具体的に解説。ベストセラー『デフレの正体』の藻谷浩介さん推薦!「デフレだとぼやいているヒマがあったら本書を読もう。誰よりも地域を知る著者が現場から示す、人口減少・ニッポンの生き残り策!」
     
「できない」を「できる!」に変える
「できない」を「できる!」に変える (JUGEMレビュー »)
木村俊昭
小樽市の地方公務員時代から、内閣官房・内閣府に出向、農林水産省の企画官として働くまでの私の軌跡をまとめています。地域活性化とはそこで暮らし、働く人たちのモチベーションを高めていくこと。実際のエピソードを元に、ノウハウをわかりやすく書きました。
     
プロフェッショナル 仕事の流儀 第VI期 公務員 木村俊昭の仕事 “ばかもの”が、うねりを起こす [DVD]
プロフェッショナル 仕事の流儀 第VI期 公務員 木村俊昭の仕事 “ばかもの”が、うねりを起こす [DVD] (JUGEMレビュー »)

私が出演した2009年5月19日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)の番組映像47分と未公開映像15分が収録されています。
     
達人たちの仕事術
達人たちの仕事術 (JUGEMレビュー »)

20人の達人・スペシャリストが教えるグローバル時代の情報活用術。私の記事は54〜57頁に掲載。情報を生かすとは組み合わせによって新しい価値を作ること。ネットワークが構築されると実行力が高まる。
     
自治体経営学入門
自治体経営学入門 (JUGEMレビュー »)
片木 淳,藤井 浩司
自治体経営改革の取組みや政策対応の現状と課題を検証し、21世紀日本の地方自治と自治体経営の展望を探る。私は第7章「地域活性化」を執筆、182〜202頁に掲載しました。
     
地域づくり新戦略―自治体格差時代を生き抜く
地域づくり新戦略―自治体格差時代を生き抜く (JUGEMレビュー »)

片木淳、森治郎、藤井浩司の編者による地域活性化の単行本です。私は「第7章 人的ネットワークによる地域再生(北海道小樽市における手工業職人の連携構築の事例を交えて)」を執筆しました。
     
地域ブランドと産業振興―自慢の銘柄づくりで飛躍した9つの市町村
地域ブランドと産業振興―自慢の銘柄づくりで飛躍した9つの市町村 (JUGEMレビュー »)

関満博、及川孝信の編者による地域活性化の単行本です。私は「第1章(小樽モノづくり職人活動による地域振興策)」を執筆しました。
           

自己紹介

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode